読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

prometekのブログ

ヨーロッパのトレンド、ビジネス情報の発信

世界の食トレンド

先進国の食に関しては、トレンドはどこも同じです。

一言で言えば、二極化。

「安ければ、安い程よい」と「質が良ければ、良いほど良い」。

経済の二極化によるものと思われます。

和食・日本食材は「質が良ければ、良いほど良い」に分類されます。

 

ブラジル産の牛肉は1キロあたり3ユーロ以下で取引されます。

対する和牛は1キロあたり200ユーロ以上で取引されます。

量で勝負か質で勝負、の世界と言えます。

 

「質が良ければ、良いほど良い」に分類される日常食品の基準は

「その食品がオーガニックであるか」になります。

 

次回はフランスにおけるオーガニック食品人気についてお伝えします。